ルーアンはパリから北西へ130kmくらいのところにある人口約11万人の街。オランド大統領もルーアン出身。
Arrow
Arrow
Slider

建物は石造りの他に木とモルタル造の物もある。さすがに1階(フランスは0階とカウント)部分を鉄骨で補強している建物もある。

ルーアンという街を知ったきっかけは、最近の音楽チャートに入っているPetit Biscuitという17歳のアーティストに興味を持ったことから。彼がルーアンの出身だった事がこの街を知るきっかけとなった。

どんな場所で生まれ育ち、何を観て何を感じたら17歳であのサウンドが生まれてくるのか、、、とても興味が湧いてきた。
そしてルーアンを調べたところ、ジャンヌ・ダルクが火あぶりによって処刑された場所だということもわかった。
ジャンヌ・ダルクに興味があったわけではないし詳しくもないのだが、行ってみたいという衝動に駆られる何かがあった。
そして、ここがジャンヌ・ダルク火刑の場所「Le Bûcher de Jeanne d’Arc」
その隣に教会はある。
ステンドグラスが素敵です。
せっかくなのでジャンヌ・ダルク教会の中の音をバイノーラルレコーディング(その場に居るかのような臨場感のある録音方式)してきた。ヘッドフォンで聴くとより臨場感があります。
ここらで、お腹が空いてきたのでランチに。
事前に予約しておいたミシュラン星付きのフレンチレストラン「Gill」へ移動。目当ては平日のみ提供のビジネスランチ。